[Danceing Penguin]
マルチメディアTIPS
?%5B%5B%A5%DE%A5%EB%A5%C1%A5%E1%A5%C7%A5%A3%A5%A2TIPS%5D%5D

[ リロード ]   [ 新規 | 編集 | 差分 | 添付 ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最終更新 | バックアップ | ヘルプ ]

リンク

TLUC
JPLUG
にっかわくらぶ
もつ蔵
My blog

最新の20件
2008-11-11

edit

マルチメディアTIPS

何を隠そう、私はキャプチャーカードとかデジタルビデオ編集に偏執的な愛着をもっています。
ここは、LinuxおよびWindows(残念ながら、マルチメディアについては、やっぱりWindowsが必要な場面も多いんです。)でのマルチメディアデータを扱うTIPSや覚え書きです。

なんか面倒くさい

今までは、HDDレコーダーなどで録画した番組をせっせと編集して、DivXなどにエンコードしてせっせとライブラリを溜め込んでいたのだけど、最近は億劫になってしまい、見終わった映像はどんどん消えるにまかせてしまっている。よっぽど暇な時には、CMカットくらいはする事もあるが、そのままMPEG2などで放置しておく事が多い。HDDが安くなって、大容量となったおかげで、手間賃を考えればHDDを買ってしまった方が安い様に感じられる。

Windows Media エンコーダでMP3を使用可能にする

これは、Windows Media エンコーダでZAURUS用のファイルを作るときに必要な処理で、これを行なわないと、オーディオコーデックにMP3が使えません。

  1. レジストリエディタを起動

「スタート」->「ファイル名を指定して実行」->"regedit"

  1. HKEY_CLASSES_ROOT?Windows Media?WMSDK?AudioEncorderを編集

レジストリエディタの「編集」->「新規」->「文字列」を選んで"85"を追加。

Windows Media エンコーダでzaurus用ムービーを作る

zaurusのムービープレーヤーで再生できるのは毎秒10フレーム以下で、ビットレート500Kbps以下のMPEG4データで、音声コーデックはG.726もしくはMP3となっています。 Windows Media エンコーダでは、標準ではこのどちらの音声コーデックもサポートされていないのですが、前述のレジストリの書き換えでMP3コーデックを使えるようになるので、これを行なった後に、ASFファイルを作ればzaurusで再生が可能です。


リロード   新規 編集 差分   トップ 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 11 Nov 2008 00:00:00 JST (3997d)

Modified by Kazuhide Takahashi

"PukiWiki" 1.3.6 Copyright © 2001,2002,2003 PukiWiki Developers Team. License is GNU/GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by sng
Powered by PHP 5.3.3

HTML convert time to 0.008 sec.